下総中山 歯科 CT

家族みんなで通える歯医者さん わかば歯科クリニック
家族みんなで通える歯医者さん わかば歯科クリニク Home わかば歯科クリニック HOME > 歯科用CTとは?
●ごあいさつ
●医療設備
●スタッフ紹介
●診療時間
●アクセス
●求人
 
◆セカンドオピニオンについて
◆歯科用CTとは?
◆メディフュージとは?
◆顕微鏡治療とは?
◆静脈内鎮静麻酔とは?
◆ピエゾサージェリーとは?
こんな症状はありませんか?
どうぞお気軽ご相談ください。
虫歯の治療・歯が痛い・歯がしみる
根管治療(根の治療)とは?
歯ぐきがはれている・歯ぐきから血が出る・口臭がする
痛くない治療
子どもの歯の治療
失った歯を回復するには・インプラントとは
歯を掃除してほしい・歯の検査
歯並びが気になる
歯を白くしたい
情報のご案内
●保険でできる歯の治療
●自費治療について
●高額医療費控除
 
運営サイト
●わかば歯科クリニック(総合)
●インプラント
●小児歯科
●審美歯科
●矯正歯科
●携帯サイト
●サイト案内
CTについて
     
  歯科用CTわかば歯科クリニックにCTがあるということ
現在多くの歯科医院がある中でCT設備のある歯科医院は極めて少なく、インプラントや矯正治療でCTでの診断が必要な場合、大学病院等の大きな病院に依頼することとなります。
その場合、結果がわかるのに時間がかかります。(平均1週間)大学病院の置かれているCTは医科用なので被爆線量が歯科用の8倍と大変多く撮影料金が高額で手続きが面倒。さらにCT診断用ソフトシムプラントデータ変換料がかかるためさらに診断料が高額となります。当クリニックにCTがあるということは、すぐに撮影結果を見ることが出来、低料金で撮影可能ということなのです。

セカンドオピニオン
セカンドオピニオンとは現在の自分の病状や治療方針について他の医師の意見を求めることを言います。
現在治療をされている歯科医院での治療方針、治療説明など、診断に疑問をお感じになることはないでしょうか? 限られた設備の中での診断はとても難しいものです。
当院では、患者様に出来るだけわかりやすくご説明し、患者様に納得して頂いた上で治療方針を決めて行きます。 それには、CT撮影が必須となるのです。

各治療においてのCTの必要性(CTで分かること)
インプラント治療
欠損部の周囲の骨の質や高さや厚み、形体を正確に把握することで確実な診断が可能となります。

矯正治療
顎の骨の正確な断面像や軟組織の情報が得られ歯牙移動限界点がわかるので正確な診断や治療計画の立案がおこなえます。

歯周病治療
歯の周囲の骨の形体が一目瞭然となりどの歯が保存可能なのかが分かります。
また、歯周病の進行状況などを予測することができます。

口腔外科
親知らずを抜く場合など神経との位置関係がわかり危険な抜歯を回避することが可能となります。腫瘍の有無や大きさ、位置関係についてもわかります。

その他、歯の保存において
例えば、歯が割れてしまった、ヒビが入ってしまったなどの診断は極めて困難なものです。
亀裂の方向や範囲を知るためにはCT撮影が最も重要と言えます。 また、患者さんの希望で残した場合のその歯の未来を知ることも重要なことなのです。
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
       
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
Copyright (C) 2006-2007 船橋市 下総中山 歯科 歯医者 わかば歯科クリニック 審美歯科 虫歯治療 All Rights Reserved.